建設業許可

大和総合行政事務所はこのような方々をサポートできます。

PCT-kensetu-1-1

まだまだ起業したての弊社では、事務や経理、営業にかかわらず建設業にまつわる全ての仕事を私が行なっている。
ただ、そろそろ事務補佐ぐらいは採用したい・・・

PCT-kensetu-1-2

担当している業務が忙しくなり、未研修の部下に書類作成を任せることに。
不備がないように、指南や注意も怠るつもりはないが大丈夫だろうか。

PCT-kensetu-1-3

任される案件もだんだん大きくなり、並行して業務を進展させることがあたりまえになった。
各業務の申請の進捗や日程など、経験のある担当者に任せている。

ですが、ご自身だけで対応すると

PCT-kensetu-2-1

採用するにもお金や時間が掛かります。忙しく、業務に追われる時期に新規採用にまつわる申請など、いくら手があっても足りません。
適した人材がいればよいですが、最悪求人に応募がない、入ってもすぐに離れることもありえます。

PCT-kensetu-2-2

注意していても忙しい業務の中、任せた書類の不備に気づけない場合もあります。
報告、連絡、相談の足りなさや管理の不行き届きだったなど、もっともらしい理由はありますがそもそも猶予があれば初歩的な不備等は防げるはずです。

PCT-kensetu-2-3

経験を積んだ優秀な人材であってもケアレスミスは発生します。
事細やかに報告することでもないが重要な仕事はたくさんありますが、だからといって多くなった会社業務の期日全てを把握するのは難しいことです。

大和総合行政事務所にお任せください!

PCT-kensetu-3-1

新しく担当する人材を採用するよりも効率的です。
未経験であった場合は研修等が必要ですが、行政書士であればその心配もありません。

PCT-kensetu-3-2

経験豊かな行政書士があなたに代わって建設業における多大な申請手続きや書類等を行います。
後任の部下がいるとしても、業務における猶予を持たせることが可能でしょう。

PCT-kensetu-3-3

重要な申請や書類期日など、増えた業務を行政書士がサポートします。
また、申請に関する法律や書類内容の相談などもお持ちしております。

ご相談、ご要件がありましたら、ぜひご連絡ください!